ポンコツローディーは今日も無事カエル

無事故無違反安全第一
0

fabric(ファブリック)のケージレスツールボトル



表ー


裏ー

口内炎になってから5日目にして痛みがやや和らいだのもあって、外に買い物に行ったら、よった先のワイズロードで前々から欲しかったファブリックのツールボトルを発見、購入したキツネコです。どうも。

このツールボトル、ケージがいらないタイプで、ケージをとりつけるネジの部分に突起をつけて、そこに引っ掛ける感じで使うので、使いやすそうで良いなーと思っていたのです。ドリンクボトルもあるのですが、そちらは走行中にハメにくいし取りにくそうと思っていたので、興味があまり無かったのですがツールボトルは良さそうだなーと。

サイズの小さいロードだと、シートチューブとトップチューブの間が狭すぎて、ボトルは入れられるんだけど出しにくい、下手したら入らない、みたいな事があったりするのですよね。
上からじゃなくて横から取り出せるタイプのケージもあるので、そういうタイプを使うのも良いと思います。そのうちそれも試してみたい。

さてさて、このファブリックのツールボトルの中身はこんな感じ。↓



ガタガタいわないようにスリーブがついてます。ふかふかしたやつ。それとボトルを止める為のネジとプラパーツ。白と黒と両方入ってました。

とりあえずロードにネジとパーツを取り付けてみます。


黒ー


白ー

そしてボトルの容量がどんなもんか、サドルバックからパンクキットを移してみようかなーと、ごそごそやると、とりあえず全部入るのですが、できればここに鍵も入れたい。
入るには入るのですが、ちょっとパンパン過ぎて蓋が外れたりしそうで怖いかなーという感じ。
中のふかふか…スリーブ…無いとダメだろうか…折角入ってる物をあえて使わないのは勿体無い気がしてしまう貧乏性としては苦渋の決断だがスリーブは外す事に。
そうするとちょっと余裕があるくらいですっぽり入った!鍵も問題なし!それなりに詰まってるのでガタガタもいわない。
すまねぇなスリーブ…




中身はこんな感じ↓



チューブ、CO2ボンベ、タイヤレバー、携帯用ハイブリッドポンプ、ミニ工具セット、鍵、お守り

これらがすっぽり収まるサイズです。容量的にはやや少ないのでもう少し大きいサイズが出ても良いのかなーという気もしますが、長いと取り出しにくいっていうデメリットもありますしね、これくらいが適度なのかなー。

そんなわけで詰めるもんも詰めたので、ロードと合体。



がっちーん。入れるのは結構簡単。だけど、これを見ずに取り外すのは難しそうなので、走行中に使う事のないツールボトルが正解な気がする。でも水分の予備として、手前の水がなくなったら停止して中身入れ替えるみたいな感じで夏はドリンクボトルを試してみるのも悪く無いかもしれません。
ケージをつけなくても良いのは中々スマートで良い感じ。ケージはケージで利点があるのですけどね。
ボトルを外す時は結構力がいるので、底を持ってぐっとやると外れます。ケージからボトルを取り外すより楽ちん。
まだ装着して走って無いので、走行中何かあればまた追記したいと思います。

ちなみにこのツールボトルは通販では売り切れが多く中々入手出来ない状態なのですが、キャノンデール推しでファブリックを置いてある店舗には結構あるかもしれません。ワイズロードは結構置いてあるっぽい。
下の楽天のお店でも買えるっぽいですが、在庫があったりなかったりな感じではありますね。

以上、寒くて走ってないのに装備ばかり充実していくポンコツローディからのレビューでした…来週こそは晴れたら輪行袋持って出かけるから…来週こそは…お前まだ輪行もしてなかったのかよって罵らないで…うっ…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fabric (ファブリック) TOOL KEG BOTTLE BKB FP5507U11OS
価格:1836円(税込、送料別) (2017/1/20時点)






ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://cyclefrog.blog.fc2.com/tb.php/32-348d3ee4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。